SSブログ

CATERHAM Seven -43 [Modeling]

早いもので今年もあと2か月です。
そして今週末には秋の一大イベント、横浜ホビーフォーラムですね。


静岡では「キット状態の再現」を横浜では「組み立てた状態へ」
なんとか滑り込みでケータハム セブンも今回で最終回です。



ようやくフロントのフェンダーを接着しました。

seven_187.jpg

接着自体はもっと早い段階でも可能でしたが、取付がものすごく不安定なので破損などのリスクをできる限り低減させたかったからです。 リベットは00番のインセクトピンを植えました。

同時にウインドスクリーンも取り付けます。
こちらは側面でピンで取り付けるようにしてありましたので、Hobby design製の頭に凹みのあるタイプのリベットを使用してみました。

ワイパーを付けようと思ったら1個紛失してしまいました。

seven_188.jpg

仕方ないので追加作成ですが、サイズも見直してTAMEOの一番小さいもの(Aだったかな?)で作り直しました。


こんなものもチマチマ作ります。

seven_189.jpg

0.3㎜の洋白線を磨いたものと0.18㎜のメッキ軟銅線をドリルに巻いて切り出したもので、組合わせて接着しトノカバーのホックを再現しました。 良いアクセントになったと思います。


そして台座に固定してついに完成です!

seven_190.jpg

いやー長かった~~~(笑
今回のテーマとして最大の特徴である、外装パネルのアルミ板金化とボンネットのルーバー開口、そしてBDRエンジンの再現。 出来はともかくとしてどれも初めての試みばかりだったので経験値は上がりました。
特にルーバー開口に関しては玉田氏の助言が無ければ実現できなかったのではと思います。
この場を借りて改めてお礼申し上げます。

そして結局キットのパーツは未使用。 98%くらいの部品がスクラッチになり、箱には元の部品が全て揃った状態となってしまいましたが、キットという拠り所が無かったら作れなかったと思います。
キットから応用したのはノーズコーン、フロントフェンダー、エンジンブロック(腰下)ですが、それぞれ改造や修正が必要だったのでレジンで置き換えています。 あとはフレームの基本構造とジオメトリーの確認など。
その他にホイールとタイヤは3Dプリント造形でそれ以外は全て自作部品。
思い出深き一点となりました。

今週末の横浜ホビーフォーラム・ルマンの会のブースにて展示させていただきます。
終日会場内に滞在予定ですのでお声がけいただければと思います。
タグ:CATERHAM Seven
nice!(0)  コメント(2) 

CATERHAM Seven -42 [Modeling]

10月からブログの名称を変更になりました。
移行手続きをしていなかったので自分でも管理ページにログインすらできない状態で少々戸惑いました。

新しいURLは
https://ohtoro.blog.ss-blog.jp/
となるようです。
リダイレクトされているかとは思いますがブックマークなどされている方は更新をしていただけると幸いです。

今回はドメインが変わったのですが何かあったんでしょうかね?
最近の動向見ていると諸々整理しているようないないような。。



更新していないひと月ほどの間に色々ありましたね。
2度の台風による被害。
災害に合われた方々へお見舞い申し上げます。

ラグビー日本代表もベスト8に進出する快挙。
自分もにわかファンですが、スポーツとしても面白いしフィールド外でも非常に紳士的なふるまいが好感持てますね。 今大会、もう少し試合がありますので楽しもうと思います。

その他のトピックはインフルエンザに罹ったこと。
前回いつだったか思い出せないほど、数十年ぶり?くらいでした。
しかも症状がかなり酷い状態だったらしく、問答無用で点滴を受ける羽目に。 他にも検査を受けて半日程度のプチ入院でした。



さて模型の話。
横浜ホビーフォーラムまで気が付けば10日ほどとなりました。
「11月には見せてねー(完成頑張れよ~(軽圧~)」と多方面から激励のお言葉も頂いておりますので何とか完成させたい所存です。 横浜ではお披露目できるといいなぁ。


前回までにエンジンを含む車体側が完成しましたので、後は部品を一つずつ付けていくだけ。
付けては乾燥させ。付けては乾燥させ。
まとまった時間は必要ないですが進捗はかなり地味です。


内装関係を進めます。

seven_181.jpg

ボディの内張は0.3㎜プラバンをパネル形状に沿ってカットしたものを塗装して仕上げています。 これを付けることでフレームはほぼ見えなくなります。 残念ですが実車がそうなので。
その他の部品はほぼそのまま順に接着していけばOK。


作っていなかったミラーも作ります。

seven_182.jpg

0.2x0.5の洋白帯板を口の字に曲げて

seven_183.jpg

0.2x1.2の帯板にハンダ付けします。

seven_184.jpg

余分なところをヤスリで成形して裏から中央に穴をあけました。
この穴にL字に曲げた0.3の洋白線を通してエポキシで接着します。

seven_185.jpg

ボディにもエポキシで固定しました。
この段階でライトも完全に接着固定しました。

seven_186.jpg

仮組で散々確認しているのですが、位置的な調整代はほとんどなく、ピンポイントであるべきところに収まるといった感じです。 チャップマンの合理的な設計思想が垣間見える気がします。


あと数回でゴールできそうです。
タグ:CATERHAM Seven
nice!(0)  コメント(0) 

CATERHAM Seven -41 [Modeling]

来週から消費税増税されますね。
報道を横目で見ていても駆け込み需要は前回増税時ほどではないようですが、実際はどうなんでしょうかね。
ウチは家人がナニか無い?と騒いでおりましたが、クルマとか家とか買う訳でなし、日用品的なものをここで急いで買い足す必要もないだろう。とスルーです。


・・・と、やっぱり模型や消耗品コッソリ買いだめしようかなw



前回フェンダーは調整による再塗装まで後戻りを余儀なくされましたが、無事塗装工程に戻っております。
金属線で作った足回り部品も調整時に塗装のチップが起きていたので思い切って落として塗装し直しました。

seven_178.jpg

そして、おひつじ@tak さんから「小物パーツの集合体ですやんw」のご意見にハッとして残りのパーツ並べてみました。
(しかし、言いえて妙だなぁ(笑)

seven_179.jpg

減ってはいるような、いないような。。
9月中にはどうにかしたかったけどあと少し長引きそうです。


seven_180.jpg

塗装し直した足回りを組上げて、何とか収まりそうで一安心。
タグ:CATERHAM Seven
nice!(0)  コメント(4) 

CATERHAM Seven -40 [Modeling]

週末は所用の間隙を縫ってDORO☆OFF展示会に。

190922_001.jpg

アストロメク詰め合わせ(違

190922_002.jpg

これだけ揃うと壮観ですよね!

190922_003.jpg

Twitterでもお世話になっている「 たつまるβ 」さんの世界観が毎年楽しみの一つです。

190922_004.jpg

同じく「 架空飛行機工場 」さんの作品も楽しみ。 ありえないけど理にかなっているという妙な説得力があります(笑

190922_005.jpg

電飾も動きも!
ある程度舞台が大きくなるのは仕方ないですが、本物(?)の感じを上手く再現されています。

190922_006.jpg

ストリートとGTEで並べるのも良いですね。
と、連れを放置していたので知り合いとの挨拶もそこそこに急ぎ足で観てまいりました。



ケータの方はエンジン部の組立完成です。

seven_171.jpg

ラジエターとオイルクーラーの配管追加したぐらいなので前回の画像とほとんど差はありません。。

seven_172.jpg


エンジン回りが完成したので外装に戻ります。

seven_173.jpg

バランスを確認するためいくつかの部品を仮組しながらフェンダーの位置決め確認を行いました。
するとフロントがいくつかの部品と干渉することが発覚。 もちろん、各パーツを加工する段階で仮組して確認していたのですが、組立による誤差の集積でズレてしまったのでしょう。

悩んだところで小人が出てきてどうにかしてくれる様子も無いので当たるところを調整します。

seven_174.jpg

フロントの足回り関連の調整範囲を超えてしまっています。
こればかりはどうしようもありませんでした。

seven_175.jpg

傷ついた塗装にシップをし痛手を癒します。

seven_176.jpg

さっぱりんこ。
この後ラインの調整などを行いサフ吹きます。

seven_177.jpg

改修しているときにエッジの塗膜の薄さが気になったので先に筆で塗料を乗せてから再塗装しました。
タグ:CATERHAM Seven
nice!(0)  コメント(2) 

CATERHAM Seven -39 [Modeling]

台風15号により被害にあわれた方へお見舞い申し上げます。



今更感ありありですが「ウエストワールド」面白いっす。



映画の方は個人的名作選に入っているドラマ版です。 まだシーズン1の途中なんですけどね。
「殺しても殺しても追って来ますよ。怖いですね~。イヤですねぇ~」
今更の説明ですが、元はマイケル・クライトンの原作小説に基づきユル・ブリンナー主演で1973年公開の映画を2016年にテレビシリーズとしてリメイクしたもの。

ドラマ版はリメイクと言えるか? 脚本は完全にオリジナルとなっていて、単なるパニックものではなくアンドロイド目線の要素が強くなっているようです。 クライトンでアンドロイド。 人間が作り出したものが暴走し反乱を起こす近未来。 今となっては定番路線なのでドラマとして別角度の仕立てにしたのは正解かもしれません。
アメリカドラマの手法として、メインのストーリー以外に別時系列の枝葉のストーリー(プロット)を数話に分けて「突然」ぶち込む展開なので最初は少しわかりづらい。 4,5話目くらいから話のつながりが見えてきます。 シリーズ終盤でどんでん返しがあるのも定番かな。 ネットのネタバレは見ずに楽しみます。
製作総指揮はJ.J.エイブラムスに始まりキャストも豪華俳優陣。 それにしても久しぶりに見たエドが年老いたことにビックリ。 始め誰だかわからんかったですよ。




ケータは前回エンジンを組みましたが、エンジンを乗せると組立しずらくなってしまうバッテリーやステアリングシャフト、ラックケースなどは先に組み込んでおります。

そのステアリングラックですが、キットのそれと思われるモノがホワイトメタル製でかなり細いものだったので作り直しました。 たぶんケータハムではなくSr.3用を想定しているのでしょう。
seven_164.JPG

材料は真鍮パイプを芯にゴムブーツ部は細い線を巻いて表現、ピニオン部は角線とパイプを使用します。

これらをハンダで接合
seven_165.JPG

ロッド部は差し込んであるだけなので後々長さ調整して組みます。
本体部はブーツをフラットブラックに、それ以外をセミ黒で塗装しました。


そして、またもや針金細工
seven_166.jpg

キャブレターにつける燃料パイプ。
リード線の芯を抜きステンレス線に置き換え。 ほぼ同径の真鍮パイプを間に挟みました。
T分岐部はあらかじめ真鍮パイプに穴をあけておきステンレス線を差し込んでハンダ付けしています。

長さや曲げ位置を調整しました。
seven_167.jpg

キャブと共にエンジンへ取付ます。
seven_168.jpg

このキャブの取り付けにも落とし穴が。。。
seven_170.jpg

資源の無駄使い(汗
いやー難儀しました。 静岡時点ではインマニはかなり適当だったのですが、いざきちんと収めようとすると合わせがムズイ。
アルミパイプで繋ぎましたが、キャブとエンジンとでピッチが微妙に違うので4本のパイプの角度と高さがなかなか合いません。 より柔軟なハンダ線を使っても更に位置が定まらなかったので難易度Maxのポイントかも。

別角度からもう一枚
seven_169.jpg

あとはラジエターホースを追加したらおしまいにしようかなと。
タグ:CATERHAM Seven
nice!(0)  コメント(2) 

CATERHAM Seven -38 [Modeling]

いよいよ狭いエンジンルームにブツを収め なきゃ ます。
仮組の時はパネルが無かったり塗装を気にする必要が無かったりしましたが、いざ本番と思うとなかなか難しいです。

seven_162.jpg

まずは一番の大物のエンジンから
seven_163.jpg

仮組時は集合部を先にパネルの穴に通しておいてエンジンを滑り込ませ、エンジンにエキパイを差し込む手順。 でしたが、当初エンジンがうまく入らず調整しているうちにスコッと収まったら今度はエンジンがダメージなく外せそうにない! エンジンが先だとエキパイが入らない!
こういう時は焦りは禁物で一旦手を止めて翌日位に仕切り直すとうまくいったりします。
何とか収まってくれました。
タグ:CATERHAM Seven
nice!(0)  コメント(4) 

CATERHAM Seven -37 [Modeling]

週末は埼玉県東部エリアにあっしーくん業務遂行。
倉庫を開放しているような販売方式だったり無数のテナントを収めた箱だったりですが、いずれもスゴイ人出で驚きました。
安いイメージを持っていましたが個々の表示価格を改めて見ると、実はディスカウントされていることは少ないように思います。 群集心理的に購買意欲が掻き立てられるのでしょうかね。
ワタシは秋冬もののジャケットを一枚だけ購入しました。


朝夕の合間を縫ってケータの小物の仕上げを進めます。

アルミ板や真鍮線、プラ材を組み合わせてマスターシリンダー(ボックス?)を作ります。
ケータハムはむき出しではなく、アルミでボックス状にカバーされているものが多いようです。
seven_160.jpg

リザーブタンク部はプラ棒の両面をヤスリで平らにカットし(ニ)の字型になるようにしたもの。 その下のシリンダー部は真鍮パイプに穴をあけて一回り細いパイプを組み合わせました。
本体ボックス部はアルミ板を曲げたものに前後はプラ板で蓋を作ります。

seven_161.jpg

組合わせてバルクヘッド上に接着します。
と記事にすると1行ですが、先に上記パーツを順に接着-硬化させているので時間的には数時間、足掛け2日位になってしまいます。
タグ:CATERHAM Seven
nice!(1)  コメント(0) 

CATERHAM Seven -36 [Modeling]

8月ももう終わってしまいますね。
今年も残すところ4か月。 早いですのぉ

すっかり低空飛行のケータですが一応着実に進めてはおります。
記事映えしない作業が続いているのも一因ですが。

・・・洋白の帯板を切り出します。
seven_155.jpg

こんな風に組み合わせてごく少量のハンダで固定
seven_156.jpg

このアタリで作っていたオイルキャッチタンク?らしきものと組合わせます。
seven_157.jpg

うん、それっぽい。

シートベルトは仮固定だったのでやり直します。
seven_158.jpg

接着は セメダイン ハイグレード模型用 を使っていたので タミヤ アクリル溶剤 を浸み込ませて剥がします。
接着剤が付くと筆をダメにする恐れがあるので、100円ショップのメイク用の筆で使い捨てにしています。

seven_159.jpg

たっぷり目に塗って5分ほど放置すると接着剤が溶解して無理せず取れます。(シートベルトの鉛板側は流石に塗膜が負けたようです)
更に5分ほど置くと接着剤が乾き始めるので頃合いを見計らって爪楊枝などでこそぎ落とせばOK。 右側のように殆どダメージなく剥がすことができるので使いやすいですね。
タグ:CATERHAM Seven
nice!(1)  コメント(0) 

CATERHAM Seven -35 [Modeling]

しのぎやすい気温の日がチラホラ混じるようになりましたね。
5暑2温くらいな感じでしょうか。
夜風が心地よく感じる盆明けの某日、帰り道に巨匠のブログなど拝読しつつ帰路に就くとフラリと寄り道したくなってしまいます。
※注:巨匠のブログが推奨しているわけではありません

190823_001.jpg

そんな日はかねてより気になっていた店へ直行するのです。
JR板橋駅 東口から線路に沿って北へ向かい徒歩1分。

190823_002.jpg

キャベツ
血糖値の上昇抑制やキャベジンの効果を期待して最初にいただきます。

190823_003.jpg

焼酎ハイボール(強炭酸)
強炭酸のため配膳される際は溢れんばかりの泡でグラス口元まで満たされています。 が、すぐにシュンとしてしまいます。

190823_004.jpg

タン刺し
添えられた薬味とごま油で頂きます。
これは最高にウマいです。

190823_005.jpg

生すだちサワー
さっぱりんこ

190823_006.jpg

かしら
焼とんを主に焼き鳥もあり、串焼きは1本からオーダーできます。
他にナンコツを追加オーダーします。
閉店間際まで満席のことが多いのですがチョイ飲み再訪の機会をチェックします。



ブレーキの製作は少し前に行ったのですが記事にしていなかったので。

ディスクの素材は小ねじ用のワッシャです。

seven_152.jpg

取付部の径を少し広げます。

seven_153.jpg

マンドレルに貼り付けてリューターで回転させながら紙やすりを当てて挽目を付ける定番工作を行います。

seven_154.jpg

キャリパーはTAMEOのアフターパーツから。
色は少し悩みましたが金で塗装してみました。
シンプルですがこの時代はたぶんこんな感じだと思うのです。
タグ:CATERHAM Seven
nice!(0)  コメント(4) 

CATERHAM Seven -34 [Modeling]

7月最後の週末、関東は未だ梅雨も明けず、台風の影響を受けそう。
とのことでお出かけ予定は取りやめ、大人しくすることになりました。
外遊びは自然と仲良くするところから。

時間を持て余したのでフラリと池袋へ。

190727_001.jpg

土曜の夕方で混んでいるかな?と思いましたが空いてます。
台風予測の影響だったのかな。

190727_002.jpg

天候に翻弄された同じような境遇かな?と思われる人でMINI四駆コーナーはソコソコ席が埋まっています。
グルリ回って友人知人の出展作など鑑賞しつつ販売コーナーへ。
ジャンクパーツが無くなっちゃったのは寂しいですねぇ。


帰ってからケータを進めますが蒸し暑くて気が乗りませんなぁ。
後回しにしていたグリルをやっつけます。

seven_150.jpg

外枠を0.4㎜の洋白線で作り、0.3㎜の洋白線を縦に3本付けて安定させます。

seven_151.jpg

横の線は枠に合わせて摺合せしてバラけないように注意しながらハンダ付けし、バフで磨いて仕上げています。
0.3㎜では少し太かったよう。 少なくとも0.2かできれば0.1位でもう少し華奢な雰囲気が出せた方がらしいかもしれません。 エッチングで、という手もなくは無いですが今回はこのままです。
nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます