SSブログ
前の3件 | -

Chenard Walcker -6 [Modeling]

いよいよ明日から静岡HSですね~
展示される方はすでに現地入りしていたりと、3年ぶりとあって気合十分なようです。 我がルマンの会も新規入会された方が数名おり、お陰様で活況を呈しております。
今年は諸々あって現地入りできませんが、皆さんのリポートで楽しませて頂こうかと。


さて、SHSにはポロリでしたが粛々と進めるです。
前回フレームができたので足回りを固めていきます。

まずは後輪側のリーフスプリング。

Chenard Walcker_021.jpg

見た目の単純と製作の簡単は相反する要素が潜んでいるようです。 左右の対になる板の長さを揃え、曲げ具合を揃え、車高を揃え。。。
ズレるとカッコ悪いのであらかじめセンターに穴を開けて位置決めしつつ、軽くハンダメッキした状態で圧接しておいて大ぶりのコテで一気に熱をかけてハンダ固定します。 ステルスハンダとでも呼びましょうか。

左右出来たらフレームに固定します。

Chenard Walcker_022.jpg

熱の伝わり方を考慮して、大きい部品→小さい部品の順番に固定していきます。 やばそうなところはヒートシンク・クリップで保護して不用意にバラバラにならないよう作業しました。
この辺りはケータの復習です。


それでも困難なのがフロントのサスメンバー

Chenard Walcker_023.jpg

途中の画像をうっかり消してしまったのですが、真鍮の帯板、パイプ、角材を曲げて組み合わせてひねり出しました。


なんという形式かわかりませんが、独特な構成のフロントサスです。

Fernand_Bachmann_Chenard_&_Walcker_No11.jpg

リーフスプリングかとばかり思っていたのですが、割と鮮明な画像で確認したところ、フロントエンドのピボットから後方に向けてアームが伸びてリジットのメンバーが固定されており、トーションばねでアームの動きを制御しているようです。

Chenard Walcker_024.jpg

ということで角材をテーパ状に削り込んでアームを再現してみました。

メンバーを組み込んでジオメトリーを確認します。
ここまでは大きな狂いもなく順調といったところ。
タグ:Chenard Walcker
nice!(0)  コメント(0) 

女神とゴニョゴニョ [Bike]

ども!
ジッとしているのが苦手なモデラーです。

220504_001.jpg



天気も良いし今しかできないことは今やらねば。
ということでGW真っ只中、本業や家事所用諸々が一段落した隙に、展示会には間に合わないことが確定した模型をほっぽり出して早寝します。

未明3時過ぎ。ベッドを抜け出しいつものバッグに日帰り分の小道具を放り込んでスタート。
今時のバイクの乗り方もわかってきて多少楽しめるようになってきたし、ドカチン号も調子良しです。


高速の直前で給油して永福から乗ります。

220504_002.jpg

4050 談合坂SAで一服&マーキング
最近のトミカ良く出来てるねぇ

天気は上々でもこの時間は結構寒いです。
メーターの気温計は9℃くらいで体感はそれより‐1~2℃ってとこでしょうか。缶こーしーが馬。
ここで改めてこの日のルートからツーリングプランか半額か検討し、日帰りですがツーリングプラン・ワイドが少しだけお得な感じなので確定しておきます。
(両方同時に申し込みもできるようです)


6020 小淵沢で高速OUT。
一旦向かう方向とは逆に折れてコンビニで南アルプスを愛でながら軽い朝食と諸々。

220504_003.jpg

その先のGSで給油しておこうかと思いましたが開店前だったので、そのままレッツラゴー。

K17ー八ヶ岳エコーラインーR152、途中あいてるスタンドを見つけて給油しつつ白樺湖へ。

220504_004.jpg

0800 この頃、自室がもぬけの殻に気が付いた家人から生存確認。
出る前に諏訪方面走ってくるって入れといたけど、心配してくれることに感謝。


で、ここから本日のメインデッシュ。

220504_005.jpg

恥ずかしながら若いころはビーナスラインなんて聞いたことはあってもピンと来なかった。 当時はどちらかといえばスリスリする方が一生懸命だったし、遠出するといっても金もないから関東圏が精いっぱい。(北海道は別だったけど。)

220504_006.jpg

いやー最高っすね!
緑鮮やかな山肌と抜ける青空、白く光るワインディング。
雑誌のページの風景そのまま! (当たり前田のクラッカー

景色で感動したの久しぶりかも。ってくらい良かったです。

「この景色を共有したい」と思っても、帰宅後に話している中で、個人的には車ではちょっと違った感想になるかなぁ。と。 クルマも結構いましたがバイクだから味わえる感覚みたいなものがあります。

ルート的に全線走り尽くしていないので絶対また来る!

220504_008.jpg

220504_009.jpg

0910 道の駅 美ヶ原高原でまったり。
ジビエおやきでおやつタイムを堪能したらお土産も物色。
1010 来た道を少し戻りアザレアラインーK283で松本方面へ抜けます。

220504_010.jpg

市内に出るちょい手前でK63ーC4157(アルプス展望しののめのみち)に折れて南下。
ところどころには桜も。
先月末の富士五湖もそうでしたが、いま位は桜がギリ残っており、桜吹雪の中を抜ける瞬間は現実離れした感覚にシビレます。

峠を抜けひらけると松本市街の向こうに飛騨の山並み?を望みながら気持ちよく流せます。

220504_011.jpg

220504_012.jpg

更に途中から一部林道の山道(崖の湯ルート)に突入。

220504_015.jpg

1200 かなり過酷な道をひたすら上り切ったら「ゆるキャン△」で有名になった高ボッチ高原にチェックイン。

シングルバーナーで湯を沸かして昼ご飯。
旅先で食べるインスタントラーメンってなぜかうまい。

220504_014.jpg

コーヒーで締めくくったらアイスキャンデーかじりながら高ボッチ山頂まで散歩。

220504_016.jpg

眼下に広がる岡谷の市街と諏訪湖が一望できます。
夜景が綺麗だろうな~
早朝、条件が揃えば雲海も見れるとか。

ラジコンのグライダー飛ばしてるグループがいました。
近くで機体見ると結構デカイ。
失速墜落すると色々大変ですな。


本当は東山方面へ降りて諏訪湖に出る予定だったのですが、昨年の豪雨災害からの復旧がままならずとのことで崖の湯ルートを戻ります。

K63ーR20で1420 諏訪大社にチェックイン

220504_017.jpg

この日は御柱祭ということもあり結構混んでいたけどバイクは順調にP入り。
参拝をし、せっかくなので里曳きはどんなものか?と悩みましたが渋滞も始まっているようなので、お守りを買って惜しみながらの離脱。
本命の山出しを見てみたかったが7年後っすね。


給油をしたら諏訪インターから高速IN

220504_018.jpg

信玄翁の生誕500年(去年)だそうで像が展示されておりました。
こりゃあ子供見たら泣くぞ。ってくらい迫力ありますな。


渋滞がありましたがほぼ予定通り1910 に無事帰宅。

220504_019.jpg

日帰り弾丸ツーリングでしたが女神とのデート楽しかった!
今回の走行は535㎞
タグ:ツーリング
nice!(0)  コメント(0) 

Chenard Walcker -5 [Modeling]

GW始まりましたね。
巷では最大10連休ー大型連休とあり海外渡航もずいぶん増えたとニュースになっておりました。
経済が回るのは良いことかと。
GW明けには5/11‐15まで静岡ホビーショーが開催されます。
今年は事前申請が必要なのでご留意ください。
といっても制限がかかっているわけではないようなので、目的としては来場人数把握とトレーサビリティですかね?


模型のタイトルは以前のフォーマットに戻して5回目の更新となります。
レジン成型の宿命か左右で長さの違ってしまっているフレームに手を入れました。

まずはキットの状態の良い側にマスキングテープを貼って型を写し取ります。

Chenard Walcker_015.jpg

一旦プラバンに張り付け、写し取りがヨレてしまっている部分を補正しながらキットと同じ形状になるよう修正します。

Chenard Walcker_016.jpg

更にそのプラバン型紙を2枚重ねてハンダで仮固定した真鍮板に張り付けて切り出しました。


次にコの字のフレーム断面を再現するために帯板を投影したS字形状に曲げます。

Chenard Walcker_017.jpg

その帯板をフレームに沿うようにあらかじめ曲げてハンダで接合固定します。
ハンダを流す時は要所をピンポイントで固定してゆき、先に接合した部分に熱が伝わって外れないよう、クリップなどで放熱制御しながら時には水で完全冷却しながら全体にハンダを流しました。

Chenard Walcker_019.jpg

左右がシンメトリーになるように注意調整しながら進めるのはなかなか大変ですね。


Chenard Walcker_020.jpg

更に幅を決めるため、要所に既定の長さに切り出したパイプを渡し、ついでに台座固定用ナットを強度確保も兼ねたプレートで固定してフレームのベースが完成です。
タグ:Chenard Walcker
nice!(0)  コメント(0) 
前の3件 | -